スマホ版メニュー

アジアンタム法律事務所

取扱分野

取扱分野一覧

一般民事事件

裁判所から訴状・呼出状等が届いたためその対応を検討している方・訴訟提起を検討されている方へ。
催告書、督促状、内容証明郵便が届いた時の対応について、まずは弁護士に相談を。

不貞の慰謝料額を減額した事例
→浮気をした夫の代理人として、夫の浮気が原因で離婚に至った妻からの慰謝料請求に対応。和解交渉が難航し、訴訟も提起されましたが、最終的には請求額の半額以下まで減額した事例。
婚約破棄による慰謝料を得た事例
→婚約を破棄された女性の代理人として、元婚約者に対し慰謝料を請求しました。婚約の成否を争いましたが、最終的には和解が成立し、慰謝料を得る。
婚約破棄による慰謝料額を減額した事例
婚約をしていた男性側と浮気をした女性の代理人として、婚約をしていた女性からの慰謝料請求に対応。女性側からは当初数百万円程の慰謝料を請求されていましたが、浮気と婚約破棄との因果関係がないこと等を主張し、最終的には10分の1程度の金額で和解。
既婚者であることを告げずに交際していた交際相手からの損害賠償を減額した事例
→既婚者であることを隠して交際をしていた相手から、慰謝料を請求されたという事例。当初は高額な慰謝料を請求されるが、同種事案の裁判例等を示して相当な金額を示すことで大幅な減額に成功。
性的暴行を受けた女性が、被疑者から多額の慰謝料を得た事例
→性的暴行の被害を訴える女性の代理人として、被疑者の弁護人と交渉を行いました。起訴されるかどうか微妙な事案ではありましたが、交渉の末、500万円を越える慰謝料を得ることができました。
債権回収のために公正証書を作成した事例
→建設会社の依頼を受け、請負代金の支払いをしない債務者に対し、代金支払請求をしました。債務者の資力が乏しく、一括で支払ってもらうことが難しかったため、強制執行認諾文言を付した公正証書を作成したうえで分割払いにより返済を受ける。
音信不通になった元交際相手から貸金を回収した事例
→当時の交際相手に数百万円単位でお金を貸したが、交際終了後、連絡が取れなくなってしまったという方の依頼を受け、弁護士会照会により元交際相手の住所を特定し、内容証明にて通知書を送付して返済を求め、訴訟提起前に全額を回収。
連帯保証人に対し貸金の返還請求をした事例
→知人に多額の貸し付けをした依頼者が、知人と連絡が取れなくなってしまったため、連帯保証人に貸金の返還を請求しました。連帯保証人は連帯保証契約の存否を争いましたが、実印の押された契約書のほかに契約時の録音があり、連帯保証人に意思確認をしていることが明らかになったため、返済をする内容での訴訟上の和解が成立した例。
ストーカー行為の加害者から多額の慰謝料を得た事例
→不審なメール等を受信し、ストーカー被害を訴えていた女性の依頼を受け、送信元の電話番号から加害者の氏名及び住所を特定し、損害賠償請求をし慰謝料を得る。
借金の返済をしない債務者の債権を差し押さえた事例
→債権回収の依頼を受け、債務者(法人)の診療報酬債権を差し押さえ未払い債権を回収。
納入した製品の製作費を支払わない販売店に、高価商品について仮差押えをしたうえで、製作費の支払請求訴訟を提起し、代金の一部の支払と仮差押え物について代物弁済をする内容の和解をし、債権回収をした事例。

家事事件(離婚・相続)

離婚、相続問題その他家庭における問題でお悩みの方へ。
弁護士があなたに適した解決策を親身に考えます。

婚姻費用の大幅な減額に成功した事例
→依頼者は、別居中の妻から婚姻費用分担請求の調停を申し立てられ、高額な婚姻費用を請求されていました。妻に不貞があった等の主張が認められ、大幅な減額に成功。
養育費の減額に成功した事例
→離婚の際に高額な養育費を支払う合意をしてしまったという方が、再婚し、再婚相手との子どもも養わなければならなくなったことから、元妻に対して養育費の減額を求めました。調停にて粘り強く話し合いを続け、大幅な減額に成功。
成年後見開始の審判を申し立てた事例
→認知症になってしまったご家族の不動産を処分するため、成年後見人をつけて欲しいという依頼を受け、後見開始の審判の申立てを行い、後見開始の審判を得るとともに、裁判所に成年後見人(司法書士)を選任し、不動産の売却を進めた例
相続放棄の申述をした事例
→被相続人の兄弟であった依頼者が、被相続人の死亡により相続人になることになりましたが、遺産である土地の処分が難しそうであったため、相続を放棄することになりました。戸籍謄本等の必要書類を取り寄せ、相続放棄の申述手続を代理。
遺言書を作成した事案
→高齢の方の依頼を受け、遺言書の文案を作成しました。遺言の方式としては、自筆証書による遺言書を作成しました。自筆証書による遺言は、法律による用件が厳しいので、事務所にて作成していただきました。完成した遺言書は当事務所の貸金庫にて保管。
その他公正証書遺言の作成補助
危篤状態の依頼者の親族からの依頼を受け、病院にて死亡危急時遺言を作成し、家庭裁判所に確認の申立をした事例

刑事弁護

逮捕されてしまった家族や大切な人の力になりたい方・被疑者の身柄釈放を希望する方へ。
刑事事件の被疑者は弁護士による迅速な面会を求めています。

傷害被疑事件について、早急に示談して勾留請求を免れた事例
→知人に対して暴行を加え、傷害を負わせ逮捕されたが、弁護士を通じて示談をし、勾留請求を免れ、事件については、その後不起訴となった事例。
迷惑防止条例違反(盗撮)事件について、示談により不起訴処分を得られた例
→いわゆる盗撮の事案で、携帯電話が押収され他にも複数の余罪が発覚したが、特定された被害者との関係で示談ができたことにより、不起訴処分を得た事例。
強姦致傷事件の裁判員裁判事件で被害弁償を行い求刑より大幅に量刑を減らした例
児童買春、児童ポルノ規制法事件において、執行猶予判決を得た事例
→児童買春をした相手を撮影し児童ポルノを製造した事案であり、被害者の処罰感情は強かったですが、被害弁償を行い、執行猶予付きの判決を得た事例。
少年事件において、不処分決定を得た事例
→少年が万引きをしたという事案でしたが、弁護士を通じて店舗に謝罪し、被害弁償をし、少年審判で不処分の決定を得ることができました。
性犯罪被害者の被害者代理人となり活動した事例
→裁判に出頭すること、示談交渉の対応をしたりすることが精神的に困難な性犯罪の国選被害者参加弁護士として、裁判に出頭し、意見陳述や論告等を行った事例。また、損害賠償命令の申立てを行い、被告人から慰謝料の支払いを受ける。

労働事件

不当解雇、賃金不払い、問題従業員への懲戒処分、その他労働問題に関するご相談について、予防的対応による実効的サポートを提案いたします。

内定の取消をした企業から賃金相当額の解決金を得た事例
→会社の都合により採用内定を取り消されてしまった方の依頼を受け、当該内定取り消しが不当であることを主張し、内定が取り消されていなかったなら依頼者が同社で働いていたであろう期間分の賃金を請求しました。最終的に、約1か月分の賃金相当額の解決金を得る。
職場での横領を疑われたが、和解した事例
→勤務先での横領を疑われてしまった依頼者が、一部自身の行動に不適切な点があったことを認め、勤務先の会社に謝罪したところ、無事和解することができ、刑事告訴等を回避。

消費者被害

出会い系サイト被害、競馬必勝法詐欺、投資・未公開株詐欺被害、その他悪質商法被害への対応は早期に弁護士へ相談し、権利保全の必要があります。

アパート経営のための建物請負契約の解除に伴う違約金の大幅な減額に成功した事例
→所有する土地にアパートを建てて賃貸経営を行うため、建築業者との請負契約(業者に一括借り上げをしてもらい、家賃保証もしてもらうというサブリース契約)を締結。家賃見直しのリスク等を考慮し、契約を解除することにしたところ、千万単位の違約金を請求されたため、当事務所に相談にいらっしゃいました。業者との交渉を行ったところ、工事が始まっていなかったこともあり、最終的には当初請求されていた違約金額を10分の1以下である百万円未満まで減額することができた例。
訪問販売で不当な契約を締結させられたが、被害を回復した事例
→訪問販売で金地金の権利を買わされ、気づかないうちに多額のローンを組まされていたというケースで、セールスマンによる特定商取引法違反の違法な営業行為を指摘しながら会社と交渉を行い、支払わされた金額の大半を回収した例。
投資詐欺による被害を食い止めるために動産仮差押や債権仮差押等を行い、回収した事例
→いわゆる投資詐欺の被害を受けた方から、支払ってしまったお金の回収について依頼を受け、預金口座の差押や社内の金庫の中等の現金の仮差押えを行い、最終的に支払金額の一部を取り戻す。
学習塾に対し、一括払いした受講料の返還を求めた事例
→入塾するにあたり、受講料1年分を一括で支払った方から依頼を受けました。通っていた学習塾を短期間で退塾することになったため、受講料の返還を求めました。契約書に、中途で退塾した場合には受講料の返還をしない旨の条項があったことから、塾側が任意に返金することはなかったため、訴訟を提起し、通塾期間相当分の受講料・入学金を除き、未消化分にかかる支払代金を取り戻す。
カウンセリングのみのために来院した顧客に対して強引に美容整形手術を行ったクリニックに対し、代金の返還を求めた事例
→依頼者は、無料カウンセリングのために美容整形外科を訪れ、カウンセリング後帰宅しようとしましたが、クリニックの担当者から「契約書にサインするまで帰さない。」等と言われ、仕方なく契約を締結させられ、その日のうちに美容整形手術を受けさせられました。そこで、この契約の取消を主張し、支払った代金の返還についてクリニック側と交渉したところ、全額を返還。

借地借家に関する法律問題

家賃の滞納、原状回復費用、保証金の返還その他不動産賃貸に関するトラブルは、早期に専門家への相談し、対処法を検討する必要があります。

建物の明渡請求を行った事例
→ビルの大家さんからの依頼を受け、用法順守義務に違反している賃借人に対し、明渡しを請求しました。賃借人は、当初は争う姿勢を見せていましたが、双方代理人による協議の結果、無事に明け渡しを受ける。
建物の明け渡しにあたり、多額の立退料を得た事例
→大家から明け渡しを請求された方から依頼を受け、明け渡しにあたっての条件について大家と交渉しました。契約期間満了まで1年以上あったこと等から相応の補償を求め、立退料を得る内容で和解をする。
賃料不払いの賃借人を訴訟提起により明渡を得る。
賃料不払いの賃借人を即決和解により明渡の合意を得て、早期の退去に成功。

刑事告訴等

告訴状の作成・弁護士代理による告訴

情報発信者を特定し、告訴した事例
→SNS上で名誉棄損行為の被害を受けた方の依頼を受け、そのような行為を行った者の氏名や住所を特定したうえ、警察署に告訴状を提出し、捜査を開始させました。その後、名誉棄損行為は止みました。
詐欺被害について、告訴した事例
→依頼者は、不動産を処分したら返すのでお金を貸して欲しいと友人からいわれ、数千万円のお金を貸しましたが、その知人が当該不動産を所有していないことが判明したため、詐欺罪として警察署に告訴状を提出し、告訴の受理を得る。

破産事件

会社と代表取締役の破産申し立てをした事例
→主要な取引先が夜逃げしたことにより債権回収が困難になり、依頼者会社が債務超過の状況に陥ったことから、依頼者が代表取締役を務める会社の破産手続開始の申し立てを行いました。また、依頼者も代表取締役として会社の債務の連帯保証人となっていたことにより支払い不能に陥ったことから、同じく破産手続開始の申立てをし、免責を得た例。

出張法律相談

当事務所は、法律相談のため事務所まで来所できない方を対象に、ご自宅への出張法律相談にも対応しております。くわしくはこちらをご覧ください。

ご相談具体例

弁護士の依頼にかかる費用について

当事務所は、個別の案件について事件受任前に弁護士にお支払いただくこととなる報酬額を見積り、提示いたしております。

各分野の費用について