スマホ版メニュー

アジアンタム法律事務所

取扱分野

不当解雇・退職勧奨でお困りの方

不当解雇とは何か?

不当解雇とはその言葉のとおり、不当な解雇を意味しますが、どういった場合に「不当」と言えるのでしょうか。

一般には、法令や就業規則などに定められた取り決めを守らず行われた解雇を不当解雇と呼ぶことができます。会社は、いつでも労働者を解雇することができるわけではありません。解雇には正当事由が必要であり、これがない場合は解雇権濫用にあたり、解雇は無効となります(労働契約法16条)。しかし、解雇理由は多種多様であり、不当であるかどうかを判断するのは容易ではありません。

不当解雇された場合

不当解雇をされた場合の対処法としては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 解雇の無効を主張(労働契約上の地位確認請求)
  2. 解雇後未払いとなっている賃金の請求

仮に職場復帰をしたくないという場合であっても、新しい勤務先を探しつつ、解雇について争い、解決金の獲得を目指すことは可能です。

不当解雇でお悩みなら弁護士にまずご相談を

弁護士は、日々多くの労働問題を扱い、多種多様な不当解雇の案件に携わっているため、多くの選択肢を提供し、最良の解決へと導くことができます。

そのため、まずは弁護士にご相談することをおすすめします。

弁護士をお探し方は、
お問い合わせフォームからご連絡下さい。
お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。
03-3487-0920