取扱分野縦画像

取扱分野

相続問題でお悩みの方のご相談受け付けております

一人の人間の死亡により、相続が開始します。相続が開始した場合、故人の生前中は良好な関係であった親族が、遺産分割における意見の食
い違いや、遺言の発見により、関係が険悪となり親族間で争いが起こることがあります。日本では、かつての長男重視のイエ制度の名残か
ら、相続に伴い、長男以外の相続人が法律上認められた相続分が侵害された形で遺産分割がされてしまうことも多くあるようです。遺産に関
する争いは、昔も今も非常に多く、「争族」「争続」などと呼ばれることがあります。

相続があなたの家族に起きた場合、遺産の分割や相続税の申告には、専門的知識や財産の評価が必要となり、場合によっては相続の放棄や限
定承認をすることが利益となることもあります。相続の放棄や限定承認をする際には、相続開始直後から、そのような方法を取ることの適否
を検討し、仮にそのような手段を取る場合には、相続人は相続開始直後から気を付けなければならないこともあります。

また、親族間での争いごとは起きていないとしても、本来故人の所有する財産の名義が他人名義となっていたり、遺言が偽造であることがの
ちに判明したり、その他故人の生前中の法律紛争に関係して、民事訴訟の提起が必要であったり、逆に相続人が訴訟の被告となって訴訟を提
起されてしますケースもあります。

このように、親族の相続に伴って法律紛争が起こることは珍しいことではなく、このような不安や疑問がある場合には、法律の専門家になる
べく早く相談をし、自己の正当な相続によって取得する権利を守っていくことが重要なのです。

当事務所は、相続問題や相続にかかわるお悩みを抱えている方のご相談を受け付けております。


矢印アイコン

スマホ版タイトル

相続問題でお悩みの方のご相談受け付けております
一人の人間の死亡により、相続が開始します。相続が開始した場合、故人の生前中は良好な関係であった親族が、遺産分割における意見の食
い違いや、遺言の発見により、関係が険悪となり親族間で争いが起こることがあります。日本では、かつての長男重視のイエ制度の名残か
ら、相続に伴い、長男以外の相続人が法律上認められた相続分が侵害された形で遺産分割がされてしまうことも多くあるようです。遺産に関
する争いは、昔も今も非常に多く、「争族」「争続」などと呼ばれることがあります。

相続があなたの家族に起きた場合、遺産の分割や相続税の申告には、専門的知識や財産の評価が必要となり、場合によっては相続の放棄や限
定承認をすることが利益となることもあります。相続の放棄や限定承認をする際には、相続開始直後から、そのような方法を取ることの適否
を検討し、仮にそのような手段を取る場合には、相続人は相続開始直後から気を付けなければならないこともあります。

また、親族間での争いごとは起きていないとしても、本来故人の所有する財産の名義が他人名義となっていたり、遺言が偽造であることがの
ちに判明したり、その他故人の生前中の法律紛争に関係して、民事訴訟の提起が必要であったり、逆に相続人が訴訟の被告となって訴訟を提
起されてしますケースもあります。

このように、親族の相続に伴って法律紛争が起こることは珍しいことではなく、このような不安や疑問がある場合には、法律の専門家になる
べく早く相談をし、自己の正当な相続によって取得する権利を守っていくことが重要なのです。

当事務所は、相続問題や相続にかかわるお悩みを抱えている方のご相談を受け付けております。

電話アイコン

電話番号

矢印アイコン