取扱分野縦画像

取扱分野

離婚は結婚より重大な人生のイベントです

テレビやインターネット、雑誌などで離婚の増加について耳にする機会が増えています。離婚に関する社会の考え方も以前とは全く変わり、
離婚について社会の抵抗意識も小さくなっているといえます。たとえば、有名な就職サイトになぞらえ「リコナビ」と題して専門家が離婚を
ナビゲートするウェブサイトも存在しています。離婚を経験する方の中には、離婚を新たな人生の門出として前向きに考えることのできる人
もいるようですが、多くの離婚の当事者は、離婚に関してなかなか前向きな意識を持つことは難しいことと思います。

離婚に伴って、離婚当事者は、今後の住居・お金の問題・育児の問題から、目を背けることができません。また、離婚への漠然とした不安・
ストレスから、家庭とは本来関係のない仕事職場その他の日常生活にまで悪影響がでてしまうケースも多くあります。現在、全国に離婚にか
んする相談所やカウンセラーなどが多く存在し、離婚問題に悩む方が専門知識のある人間からアドバイスを受ける環境が整ってきています。
一方で、離婚の問題は、極めてナイーブな問題であり、その対処について他人に相談することを躊躇してしまうかたも多くいるようです

離婚には、協議、調停、審判、裁判の4つの方法があります。我が国で最も多い離婚の方法は協議離婚であり、話し合いで離婚の条件を決
め、合意するというものです。他の方法については、裁判による離婚を最初から選択することはできず、まずは、調停申し立てを行うことに
なります。協議離婚はもちろんですが、調停や裁判による離婚においても弁護士の代理は必ず必要となるわけではありません。

離婚は、単に婚姻関係の解消だけではなく、金銭や親権、子との面会などの法律上の問題が多く関係してきますので、当事者本人が離婚に際
し、この条件で良いのか否かを決めることは困難であることが多いでしょう。裁判所の調停委員は、代理人をつけていない当事者の味方と
なってくれるわけではありませんし、当然配偶者の代理人が相手方にアドバイスをすることはありません。仮に配偶者が専門家による十分な
アドバイスを受け、または先に弁護士を代理人としている場合に、あなたが専門家のアドバイスも無しに「離婚」という人生の一大事に臨む
とすれば、専門的知識が欠けていることや、十分な準備ができなかったことにより、納得できない条件での離婚となってしまう可能性は高く
なります。

したがって、離婚という人生において極めて重大な場面においては、できる限り弁護士等の専門家から適切なアドバイスを受け、専門家と共
に「離婚」という一大事に臨むことが重要なのです。
矢印アイコン

スマホ版タイトル

離婚は結婚より重大な人生のイベントです
テレビやインターネット、雑誌などで離婚の増加について耳にする機会が増えています。離婚に関する社会の考え方も以前とは全く変わり、
離婚について社会の抵抗意識も小さくなっているといえます。たとえば、有名な就職サイトになぞらえ「リコナビ」と題して専門家が離婚を
ナビゲートするウェブサイトも存在しています。離婚を経験する方の中には、離婚を新たな人生の門出として前向きに考えることのできる人
もいるようですが、多くの離婚の当事者は、離婚に関してなかなか前向きな意識を持つことは難しいことと思います。

離婚に伴って、離婚当事者は、今後の住居・お金の問題・育児の問題から、目を背けることができません。また、離婚への漠然とした不安・
ストレスから、家庭とは本来関係のない仕事職場その他の日常生活にまで悪影響がでてしまうケースも多くあります。現在、全国に離婚にか
んする相談所やカウンセラーなどが多く存在し、離婚問題に悩む方が専門知識のある人間からアドバイスを受ける環境が整ってきています。
一方で、離婚の問題は、極めてナイーブな問題であり、その対処について他人に相談することを躊躇してしまうかたも多くいるようです

離婚には、協議、調停、審判、裁判の4つの方法があります。我が国で最も多い離婚の方法は協議離婚であり、話し合いで離婚の条件を決
め、合意するというものです。他の方法については、裁判による離婚を最初から選択することはできず、まずは、調停申し立てを行うことに
なります。協議離婚はもちろんですが、調停や裁判による離婚においても弁護士の代理は必ず必要となるわけではありません。

離婚は、単に婚姻関係の解消だけではなく、金銭や親権、子との面会などの法律上の問題が多く関係してきますので、当事者本人が離婚に際
し、この条件で良いのか否かを決めることは困難であることが多いでしょう。裁判所の調停委員は、代理人をつけていない当事者の味方と
なってくれるわけではありませんし、当然配偶者の代理人が相手方にアドバイスをすることはありません。仮に配偶者が専門家による十分な
アドバイスを受け、または先に弁護士を代理人としている場合に、あなたが専門家のアドバイスも無しに「離婚」という人生の一大事に臨む
とすれば、専門的知識が欠けていることや、十分な準備ができなかったことにより、納得できない条件での離婚となってしまう可能性は高く
なります。

したがって、離婚という人生において極めて重大な場面においては、できる限り弁護士等の専門家から適切なアドバイスを受け、専門家と共
に「離婚」という一大事に臨むことが重要なのです。

電話アイコン

電話番号

矢印アイコン