弁護士紹介

経歴

  • 群馬県藤岡市生まれ
  • 東京農業大学第二高校卒業
  • 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 中央大学法科大学院修了
  • 都内法律事務所勤務を経て2010年アジアンタム法律事務所開所


特技・資格

  • ・剣道2段
  • ・書道3段
  • ・宅地建物取引主任者資格
  • ・行政書士資格
  • ・司法書士資格


趣味

  • ・音楽鑑賞
  • ・カラオケ
  • ・野菜栽培、ぶどう栽培、ワイン作り(目黒天空庭園にて)
  • http://machi-oohashi.net


代表弁護士挨拶

当事務所ホームページを閲覧頂きどうもありがとうございます。

東京で法律事務所を構える必要性
弁護士数の増加で弁護士は市民から身近な存在となったか



東京には1万人を超える弁護士がいます。東京には法律事務所が町中に溢れていると言って良いと思います。いま、この東京で法律事務所を
新たに開業する必要があるかについて、私は悩み続けてきました。昔から、「弁護士は相談し辛い」、「法律事務所は敷居が高い」そんなイメージがあると
言われてきましたが、現実には東京は既に弁護士の数が過剰であるとも言われています。

私は、様々な場面で、弁護士として、時には一市民として市民の方々の弁護士に対するイメージや感想を聞く機会に恵まれました。そのような経験の中で、私は、
弁護士に対する以下のような不満を聞くことがあります。
「弁護士を頼んだことがあるが弁護士は十分に話を聞いてくれなかった」、「事件についての説明が不十分だった」、「弁護士の話していることが分からなかった」、
「弁護士が依頼者の意向をきかずに事件を処理し、納得できない解決をさせられた」、又は「させられそうになった」といったものです。 一方で、弁護士の仕事をしていると、弁護士への依頼を躊躇してしまったことにより、必要な時に適切な法律家によるサポートが行われなかったことにより
権利救済が図られなかった事件を目にすることがあります。このような法律家によるサポートの遅れが、市民の皆様が弁護士に対して有する前述のような
イメージから生じているのであれば、そのような状況は、弁護士全体が反省すべきことであると考えます。

弁護士を選ぶ基準


弁護士を選ぶ際には様々な要素から選択をすることになります。知人の紹介、事務所へのアクセスのしやすさ、腕の良し悪しに関する評判、経験の多寡など、
弁護士を選ぶ基準は様々あります。さらに、こればかりは弁護士側にはどうしようもないことなのですが、弁護士と依頼者は、ナイーブな問題を扱うことに
なるのですから、弁護士と依頼者との相性の良い悪いという問題も当然に生じます。相談事項も多種多様であり特殊分野における専門性が要求される事件もあれば、
事件それ自体は複雑ではなくとも、解決までに時間を要し弁護士のとの付き合いが時間的に長くなる案件もあります。法的手続きに馴染まない事案に
弁護士が関与することもあります(このようなケースであっても弁護士がかかわることにより解決に向かう事件もあります)。

このように、弁護士が携わる案件は、実に様々です。このように、何か法律のことで相談したいとき、どの弁護士に相談するかを決定するにあたっては、
様々な要素があり、なかなか決定することが難しいのではないかと思います。そして、少なくともこの東京においては、弁護士を探せばかなりの選択肢があることも
間違いありません。

人を愛する法律家であること


私は、大学進学で上京して以来、この東京で様々な人に出会い、様々なことを学び、助けられてきました。私の青春時代は、そのような素晴らしいこころの人たちが
この東京に溢れていることを実感する毎日でした。とりわけ、私は、学生時代を長く過ごした池尻大橋で本当に素晴らしい人たちに出会いました。これからの人生、
私は、日々の生活で悩みを抱えている市民の方々に、私が出来る限りの助力をし、私にかかわった方々の悩みが少しでも解決されることを心から望んでいます。
私は、この東京で一人でも多くの人と出会い、悩みを抱えた市民の方に助力をするため全力を尽くして執務して行こうと考えました。
弁護士は法律の専門家でありますから依頼者の皆様の正当な権利を保護すべく全力を尽くします。

このような信念のもとに、他の弁護士とは違ったスタンスで職務を行うことで、依頼者の利益を実現してゆくことが私の使命であると考え、
弁護士過剰と言われているこの東京で新たに法律事務所を構えることにいたしました。
「2010年11月アジアンタム法律事務所開設当時、大橋ジャンクション前にて撮影」

経歴

  • 東京都足立区生まれ
  • 慶應義塾高校卒業
  • 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 慶應義塾大学法科大学院修了
  • 都内法律事務所勤務を経て2015年アジアンタム法律事務所入所


矢印アイコン

スマホ版タイトル

スマホ版壁紙

弁護士紹介

高橋辰三

東京弁護士会所属
アジアンタム法律事務所代表弁護士

経歴

  • 群馬県藤岡市生まれ
  • 東京農業大学第二高校卒業
  • 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 中央大学法科大学院修了
  • 都内法律事務所勤務を経て2010年アジアンタム法律事務所開所

特技・資格

  • ・剣道2段
  • ・書道3段
  • ・宅地建物取引主任者資格
  • ・行政書士資格
  • ・司法書士資格

趣味

  • ・音楽鑑賞
  • ・カラオケ
  • ・野菜栽培、ぶどう栽培、ワイン作り(目黒天空庭園にて)
  • http://machi-oohashi.net

代表弁護士挨拶

当事務所ホームページを閲覧頂きどうもありがとうございます。

東京で法律事務所を構える必要性
弁護士数の増加で弁護士は市民から身近な存在となったか



東京には1万人を超える弁護士がいます。東京には法律事務所が町中に溢れていると言って良いと思います。いま、この東京で法律事務所を
新たに開業する必要があるかについて、私は悩み続けてきました。昔から、「弁護士は相談し辛い」、「法律事務所は敷居が高い」そんなイメージがあると
言われてきましたが、現実には東京は既に弁護士の数が過剰であるとも言われています。

私は、様々な場面で、弁護士として、時には一市民として市民の方々の弁護士に対するイメージや感想を聞く機会に恵まれました。そのような経験の中で、私は、
弁護士に対する以下のような不満を聞くことがあります。
「弁護士を頼んだことがあるが弁護士は十分に話を聞いてくれなかった」、「事件についての説明が不十分だった」、「弁護士の話していることが分からなかった」、
「弁護士が依頼者の意向をきかずに事件を処理し、納得できない解決をさせられた」、又は「させられそうになった」といったものです。 一方で、弁護士の仕事をしていると、弁護士への依頼を躊躇してしまったことにより、必要な時に適切な法律家によるサポートが行われなかったことにより
権利救済が図られなかった事件を目にすることがあります。このような法律家によるサポートの遅れが、市民の皆様が弁護士に対して有する前述のような
イメージから生じているのであれば、そのような状況は、弁護士全体が反省すべきことであると考えます。

弁護士を選ぶ基準

弁護士を選ぶ際には様々な要素から選択をすることになります。知人の紹介、事務所へのアクセスのしやすさ、腕の良し悪しに関する評判、経験の多寡など、
弁護士を選ぶ基準は様々あります。さらに、こればかりは弁護士側にはどうしようもないことなのですが、弁護士と依頼者は、ナイーブな問題を扱うことに
なるのですから、弁護士と依頼者との相性の良い悪いという問題も当然に生じます。相談事項も多種多様であり特殊分野における専門性が要求される事件もあれば、
事件それ自体は複雑ではなくとも、解決までに時間を要し弁護士のとの付き合いが時間的に長くなる案件もあります。法的手続きに馴染まない事案に
弁護士が関与することもあります(このようなケースであっても弁護士がかかわることにより解決に向かう事件もあります)。

このように、弁護士が携わる案件は、実に様々です。このように、何か法律のことで相談したいとき、どの弁護士に相談するかを決定するにあたっては、
様々な要素があり、なかなか決定することが難しいのではないかと思います。そして、少なくともこの東京においては、弁護士を探せばかなりの選択肢があることも
間違いありません。

人を愛する法律家であること

私は、大学進学で上京して以来、この東京で様々な人に出会い、様々なことを学び、助けられてきました。私の青春時代は、そのような素晴らしいこころの人たちが
この東京に溢れていることを実感する毎日でした。とりわけ、私は、学生時代を長く過ごした池尻大橋で本当に素晴らしい人たちに出会いました。これからの人生、
私は、日々の生活で悩みを抱えている市民の方々に、私が出来る限りの助力をし、私にかかわった方々の悩みが少しでも解決されることを心から望んでいます。
私は、この東京で一人でも多くの人と出会い、悩みを抱えた市民の方に助力をするため全力を尽くして執務して行こうと考えました。
弁護士は法律の専門家でありますから依頼者の皆様の正当な権利を保護すべく全力を尽くします。

このような信念のもとに、他の弁護士とは違ったスタンスで職務を行うことで、依頼者の利益を実現してゆくことが私の使命であると考え、
弁護士過剰と言われているこの東京で新たに法律事務所を構えることにいたしました。

「2010年11月アジアンタム法律事務所開設当時、大橋ジャンクション前にて撮影」






増田拓真


第一東京弁護士会所属

経歴

  • 東京都足立区生まれ
  • 慶應義塾高校卒業
  • 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 慶應義塾大学法科大学院修了
  • 都内法律事務所勤務を経て2015年アジアンタム法律事務所入所

電話アイコン

電話番号

矢印アイコン